ズバッと!不倫調査
ズバッと!不倫調査 > 基礎知識 > 父親が親権争いに勝つためのポイントは?

父親が親権争いに勝つためのポイントは?

監護養育能力の向上

日本では、父親が外に出て働き、母親が子育てをするという風潮がありました。

現在は、少しずつ変わっている部分もありますが、地方だとこの風潮が残っている地域も少なくありません。

親権争いをするとなると、母親が有利になるのが一般的です。

父親が親権を取得するためには、子どもをしっかり世話できることをアピールしなければいけません。

働くだけでなく、家事も両立できるようにしておくといいでしょう。

洗濯などは、ドラム式洗濯機を利用すれば、短時間で済ませることができます。

監護養育能力を向上することができれば、親権争いに勝てる可能性も高まるでしょう。

サポートを受けられる体制を構築

仕事と子育ての両立ができると、父親でも親権争いに勝てる可能性があります。

しかし、仕事が忙しくなるとなかなか難しいもの。諦めてしまう方も少なくないでしょう。

そのような場合、サポートを受けるという選択肢もあります。

自分一人でなく、誰かに頼るということも大切です。

実家が近い場所にある場合、両親のサポートを受けることもできるでしょう。

最近では、シッター等のサービスも増えてきていますので、利用するのもアリです。

サポートを受けられる体制を構築しておくことで、監護養育能力があると判断されます。

この部分も父親が親権争いに勝つためのポイントと言えるでしょう。

子どもに好かれておくことも大切

子どもをしっかり世話できる環境が整っていたとしても、子どもがどちらと一緒に暮らしたいと思っているか分かりません。

親権争いで大きな分かれ目になるでしょう。

基本的に母親が有利になりやすいため、母親と暮らしたいと思っている場合、父親が親権を取得するのは難しいです。

逆に、父親と暮らしたいと思っている場合、親権を取得できる可能性が高まります。

子どもの意思も考慮されますからね。

離婚する前に、子どもと良好な関係を築いておくことが大切です。

パートナーと離婚するとなっても、子どもとは一緒に暮らせる状態にしておきましょう。