ズバッと!不倫調査
ズバッと!不倫調査 > 基礎知識 > 不倫相手が妊娠したと言ってきた!どうすればいい?

不倫相手が妊娠したと言ってきた!どうすればいい?

病院で事実確認をする

不倫相手から妊娠したと言われるケースも少なからずあります。

不倫という形ですので、いつも以上に焦ることでしょう。ここは落ち着きましょう。

不倫相手が一緒になりたいという目的で嘘をついている可能性もあります。

口では何とでも言えますからね。

もし、不倫相手から妊娠したと言われたら、病院に行って本当に妊娠しているのか事実確認をしましょう。

ただ、不倫相手と一緒に病院に行くところを誰からに見られたくないですよね。

そのリスクを考慮し、お互いの生活圏から離れた場所の病院に行くのがいいです。

誰かに見られるということもなくなりますからね。

妊娠が明らかになった場合は?

不倫相手と病院に行って妊娠の事実が明らかになることもあるでしょう。

より、焦りが増しますが、この状況でも冷静に対応することが大切です。

まず、結論を出すまでどのぐらいの期間が必要なのか不倫相手に確かめましょう。

不倫という形であれば、中絶という選択肢が視野に入ってきます。

中絶をするにしても、妊娠してから11週目を過ぎると母体への負担が大きくなることも考慮しなければいけません。

結論を出すタイミングは急ぐ必要はありませんが、遅くなることも許されませんので、しっかり話し合って決断するようにしましょう。

妻に内緒にすることはできる?

不倫相手が妊娠してしまった事実を妻に知られたくはないでしょう。

知られた瞬間に離婚を求められる可能性もありますからね。

不倫相手が生むという決断をした場合、内緒にするのはほぼ難しいでしょう。

しかし、中絶という決断をした場合、内緒にすることもできます。

担当の病院は、その辺りを配慮してくれますからね。

ただ、中絶に関する慰謝料で揉めてしまうと、裁判に発展する可能性もあります。

そうなると、自宅に裁判所から通知が届くことになりますので、妻が開封してバレるケースも。

中絶するなら、不倫相手と揉めないということが大切です。