ズバッと!不倫調査
ズバッと!不倫調査 > 基礎知識 > LINEのトーク履歴は浮気の証拠として使える?

LINEのトーク履歴は浮気の証拠として使える?

トークだけだと浮気の証拠としては弱い

浮気の疑いが出るときは、LINEがきっかけということも多いのではないでしょうか。

トーク履歴に異性との会話があるとなると、浮気をしていることもあり得ますからね。

仮に、浮気をしていることをほのめかす内容のものがあったとしましょう。

それでも、浮気の証拠としては弱いです。

言葉遊びだと言い逃れできますし、実際は何もしていないと主張されることもあります。

そうなると、確実に肉体関係があるとは言えませんよね。

LINEのトーク履歴は浮気をしているのではないかというきっかけにすることはできますが、証拠として裁判で使うのは難しいでしょう。

証拠掴みのきっかけにはなることも…

LINEのトーク履歴は、浮気の証拠としては弱いですが、確実な証拠を掴むためのステップとして使えます。

証拠として弱いですけど、自分のスマホで必要な部分を撮影しておきましょう。

浮気をしている場合、証拠隠滅のために削除することもありますからね。

トーク履歴の内容を見てみると、何かしらのヒントがあるはずです。

例えば、不倫相手の名前、年齢、一緒に行ったホテル名など。

そこから確実な証拠を掴めることも十分にあり得ます。

また、LINEのトーク履歴の数が多ければ多いほど、親密な関係になっている可能性が高いことにもなりますので、その辺りも考慮しておきましょう。

レシートやクレジット明細の内容の合致するか確認する

浮気をしている場合、ホテルに行っている可能性が高いため、レシートやクレジットカードの明細を証拠にできる可能性があります。

自分のスマホで撮影したLINEのトーク履歴の内容とレシートやクレジットカードの明細の内容が合致した場合、その場所にいたことが証明されますよね。

ホテルとなると、肉体関係を持っているという証拠にもなり、裁判を起こすときに使えるでしょう。

ただ、その辺りも警戒していることもあり得ますので、他の決済方法の履歴なども確認しておいた方がいいかもしれません。

LINEのトーク履歴は、他の証拠と組み合わせると役に立つということですね。