ズバッと!不倫調査
ズバッと!不倫調査 > 基礎知識 > 離婚する際、住宅ローンの連帯保証人から外れる方法は?

離婚する際、住宅ローンの連帯保証人から外れる方法は?

新しい連帯保証人を立てる

離婚する際、住宅ローンの連帯保証人になっていると外れる必要が出てきますよね。

方法が分からず、離婚できないという方も少なからずいるでしょう。

いくつか方法はありますが、一般的には新しい連帯保証人を立てるのがいいのではないでしょうか。

配偶者の親戚や知人など、探せば見つけられます。

新しい連帯保証人を立てることができれば、それと同時に外してもらうことができるでしょう。

離婚の手続きもスムーズになります。

ただ、配偶者の事情により、見つけられないケースも考えられますよね。

その場合、新しい連帯保証人を立てるのが難しくなりますので、別の方法を検討する必要があります。

他の財産を担保に入れる

住宅ローンを組める場合、ある程度の資産を持っているものです。

有価証券、別の不動産などが挙げられるのではないでしょうか。

そのような財産を担保に入れることで、連帯保証人から外れることができます。

配偶者との話し合いが必要になりますが。

ただ、担保に入れるのに十分な価値がないといけません。

いくら、所有していても少額になってしまうと担保に入れることができない可能性もありますので、その辺りも考慮する必要があるでしょう。

離婚することを検討している場合、どのような資産があるのか把握しておくことも大切になってきますね。

家を売却するという選択肢も

新しい連帯保証人を立てる、他の財産を担保に入れるなどの方法がありますが、どちらも簡単にクリアできるわけではありません。

両方ともできないケースも少なくないでしょう。

その場合、家を売却することも検討しなければいけません。

ローンの残債が家の売却代金を下回る場合は、残った金額を配偶者と分与、ローンの残債が家の売却代金を上回る場合は、任意売却することに。

住宅ローンの残債は金融機関と相談して返済することになります。

不動産一括査定サイトのサービスも増えてきていますので、できるだけ条件が良い取引をしましょう。